PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大きな愛

まだ私の中で消化できずにいる悲しさと寂しさの中 書いては消すを繰り返し ご報告が遅れてしまいました。

何から話したらいいのかな。 どう伝えればいいのかな。

辛い治療を頑張ってきたくろちゃんが Aさんの腕の中で12月7日に旅立ちました。
(職場のくろちゃんはこちら⇒★

くろちゃんの闘病中の写真は撮っていません。

必死に病と闘っているくろちゃんに カメラを向けるのが失礼な気がして撮りませんでした。

みなさんにも 美魔女のくろちゃんのまま 記憶に残して欲しいです。

nyanko11144054.jpg

くろちゃんが旅立った夜

Aさんがお風呂から出てきた時には すでに体も冷たく 硬直が始まっていたそうですが

Aさんが呼ぶ声に一度戻ってきてくれて 小さく返事をしてから 穏やかに 静かに 眠るように旅立ったそうです。

写真を見せてもらいましたが 闘病中に見ることのなかった 穏やかで笑みを浮かべたようなお顔でした。

毎日が峠と言われるほど衰弱してましたが 治療も強制給餌も嫌がることはなかった。

Aさんに抱っこされながら 布団で一緒に眠る夜を 一晩でも多く過ごそうと

『生きる』ため Aさんのために頑張ったんだと思います。

Aさんとの暮らしは くろちゃんの夢だったんだもんね。

nyanko11144055.jpg

生まれてきてくれて 私と出会ってくれて 立派な猫生に立ち会わせてくれたくろちゃん。

Aさんも 私も 後悔がないわけではありません。

でも今は くろちゃんにたくさんの感謝を込めて・・・

くろちゃんのお母さんのいる空に 送ります。

小さなくろちゃんでしたが Aさんへの愛はとても大きな愛でした。

くろちゃん また会おうね♪ ありがとうね♪

くろちゃんが残していったフードや介護食などは 頑張ってる子たちに食べさせたいねとAさんと話しています。

すぐには動けませんが くろちゃんからのプレゼントとして 必要な子に送りたいと思っています。


心が落ち着いたら 少しずつ思い出を綴りたいと思います
頑張ってきましたが 少しお休みするかもしれません


ブログランキング・にほんブログ村へ bn2015-2.jpg

ポチッと応援してくれたら嬉しいのニャ

訪問の足跡が残せなかったり お返事も遅くなりがちのこの頃
笑顔がこぼれる みなさんのコメントにお返事ができない申し訳ない気持ちもあり
コメント欄を閉じさせていただいてます 
関連記事

| 地域猫日記 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

https://chapdape3.blog.fc2.com/tb.php/3301-1c8ab471

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT