2023年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ある寒い日の震える話・・・

もーねー 猫娘には笑っちゃうよね
笑って許してもらえるのは お猫様の特権だよね。
家族がこれしたら(する人いないだろうけど) まぢギレするよ。
寝てただ~ちゃんが 秘密基地から顔を出して 落ちるうんPを目で追ってたのも笑えた
以前されたマーライオン事件に比べたら なんてことないさ
(我が家のマーにゃんこはこちら⇒★

「横丁のたま」のはなみずきさんから 美味しい便が届きました
名古屋方面で 運命のしっぽをお探しの方は『横丁のたま』を覗いてみてくださいね。
愛情込めてお世話してくださっているので 保護っ子園児はいい子揃いでですよ♪
nyanko11144833.jpg

凄く美味しいシュトーレンと珈琲
父が気に入ったようで クリスマスどころか数日も持たないかも

----------------------

ある寒い日のことじゃった。

風呂を洗い 冷えた体で寒い部屋に戻ると
(風呂に入りながらお風呂洗いする)

nyanko11144829.jpg

部屋には怯えるような目をしたタヌキがおった。

隠れてるつもりなのか 体を小さく丸めていたが

悲しいことに 丸見えじゃった。

nyanko11144830.jpg

こういう時は 決まって良からぬことがあるもんで

見渡してみると・・・

布団にこんもりとケロンパ山が2つ出来ておった。

しかし時は 洗濯には向かない子の刻。

布団を抱え 風呂場でしみ込んだ箇所だけ洗うつもりが

なぜか びしょびしょになってしもうたのじゃ。

ケロンパ山被害にあった布団
nyanko11144831.jpg

仕方なく濡れた布団を抱え 部屋に戻ると

そこには反省して頭を下げるタヌキがおってな。

「よかよか 気にせんでええよ」と声をかけるが

静かにうずくまる姿が なんとも気の毒じゃった。

nyanko11144832.jpg

びしょびしょの布団を部屋に干し

下僕は毛布を引っ張り出して 寝ることにした。

風邪覚悟で寝た下僕であったが

寝不足とお馬鹿が助けとなり爆睡。

寒さに負けることなく 風邪もひかず

震えながらも朝を迎えましたとさ♪ちゃんちゃん♪

そんな 寒い日の震える話であった。


馬鹿は風邪ひかないって本当だったーありがたや~
ブログランキング・にほんブログ村へ bn2015-2.jpg

ポチッと応援してくれたら嬉しいのニャ

訪問の足跡が残せなかったり お返事も遅くなりがちのこの頃
笑顔がこぼれる みなさんのコメントにお返事ができない申し訳ない気持ちもあり
コメント欄を閉じさせていただいてます 

| けだま | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |